最近では、コラーゲン配合のサプリメントや化粧品などがあり、「美肌作りにはコラーゲン」というのが定番になっていますよね。

コラーゲンを多く含む食材も人気で、すっぽん鍋は特にコラーゲンが多いことで知られています。

芸能人がTV番組などで、「すっぽん鍋を食べるとお肌がプルプルになる」とコメントしているのを見かけて、思わず私もプルプル感を味わってみたいなどとと思ってしまいます。

一説には、コラーゲンを食べても肌に直接働き掛けないという説も出ていましたが、本当に美肌作りと関係がないのでしょうか?

ここでは、美肌作りにコラーゲンは役立つのか?コラーゲンが人の身体にどのように使われているのかなどにスポットを当ててみました。

<体内でのコラーゲンの働きは?>
人の身体を作るタンパク質のうち、約3分の1をコラーゲンが占めているそうです。
意外に多く含まれているため、体に必要な栄養素だということが分かりますね。

【コラーゲンは肌再生に欠かせない栄養素】
肌表皮の下にある細胞のおよそ70%がコラーゲンで、網目状のネットワークを作って肌の弾力を保っているそうです。
また、表皮に栄養を届ける細胞の成分にもなるため、肌の再生に深く関わっています。

肌の再生だけではなく、その他にも骨や軟骨、靭帯などを作るのにコラーゲンは欠かせません。

<コラーゲンが減少すると?>
若いころにはたくさん含まれていた肌内部のコラーゲンも、加齢とともに減少していきます。

コラーゲンが減少するとお肌の弾力がなくなり、栄養も肌に上手くいきわたらなくなってしまいます。
その結果お肌の正常なターンオーバーが乱れ、シミやくすみを招いてしまいます。

女性としてはなるべく避けたい肌トラブルですよね。
年とともに減っていくコラーゲンを、食事やサプリメントなどで補うことはできないのでしょうか。

【コラーゲンを食べてみずみずしい素肌に】
以前、コラーゲンを食べても肌に効果はないという説もありましたが、今は肌への効果があるという説が有力になっています。

ということは、コラーゲンを多く含む食材やサプリメントを生活に取り入れれば、わずかながらでも肌の若々しさを取り戻すことができるかもしれませんね。

<すっぽんのコラーゲンはふかひれスープの10倍!>
コラーゲンは、身近な食材でいうと手羽先や牛すじなどに多く含まれています。

高級食材と言われているすっぽん鍋になると、同じ高級食材のふかひれスープと比べてもおよそ10倍のコラーゲンが含まれているそうです。

【甲羅の周りには良質なコラーゲンがたっぷり】
すっぽんのコラーゲンは、甲羅の周りにある柔らかいゼリー状の部分にたっぷりと含まれています。
エンペラーと呼ばれていますが、食べるコラーゲンと言ってもいいほどなのだそうですよ。

普通の亀の甲羅は、もとは背骨だったのでカルシウムの塊ですが、すっぽんの甲羅は皮膚の一部が甲羅になったものなので、コラーゲンが豊富に含まれているそうです。

すっぽん鍋は甲羅からだしをとるので、コラーゲンはもちろん1匹丸ごとの栄養を取れる理想の美容食と言えそうです。

【楊貴妃も愛したすっぽん】
歴史的な美女としても有名な楊貴妃もすっぽんを食材として取り入れていたそうです。

美容にとても気を遣っていたと言われる楊貴妃ですが、好んですっぽんを食べたそうで、ひょっとすると美肌効果を実感していたのかもしれませんね。

<コラーゲン摂取は適量を心がけて!>
コラーゲン鍋などは、良質なコラーゲンを多く含みますが、その分脂肪分も高くなります。

美肌効果を実感したいからと過剰に摂取すると、ニキビや肥満の原因にもなり、本来の目的とは逆効果になってしまいかねません。

コラーゲンの摂取量は1日に5~10gが目安となっているので、適量を心がけることも大切なようです。

その点サプリメントなら1日の目安量を飲めば、適量のコラーゲンを手軽に摂取できそうですね。