サプリメントを飲むときに、強い副作用が出たりしないか気になりますよね。

肥後すっぽんもろみ酢は、天然成分で作られていて、副作用の症状もほとんどありません。
安心して続けられるサプリメントと言えそうです。

ただ、アミノ酸を多くとると、場合によっては副作用が出たりすることもあるようです。

そこで今回は、気になるアミノ酸の過剰摂取についてご紹介します。

<サプリメントを多く摂りすぎると健康を損なうことも>
ダイエットや健康サポートのサプリメントは、たくさん飲むとその分効果がありそうな気がして、ついつい決められた量よりも多く飲んでしまう事もあるのではないでしょうか。

ですが、決まった量以上のサプリメントを飲むと、体内での栄養バランスが崩れ、結果として健康を損なう可能性があります。

【アミノ酸の過剰に摂取すると?】
肥後すっぽんもろみ酢に多く含まれるアミノ酸は、体にとって必要な栄養素ですが、必要以上に摂りすぎると身体に影響を与えることがあります。

薬品ではないので目安量を飲めば副作用の心配はありませんが、アミノ酸の過剰摂取は、下痢や嘔吐、情緒不安定、不安神経症を引き起こす、と医療系サイトなどの口コミで言われています。

アミノ酸を大量に摂取すると、急に体内でのアミノ酸の濃度が上がるため、人の身体は正常な状態に戻そうとして腸の水分量を増やします。
そうすると、水分量が増えた状態で排泄するので下痢になるそうです。

大量摂取は、体を守るためのシステムが働くため、色々な症状が出るようです。

【肝臓や腎臓に負担がかかる】
サプリメントを多く摂取すれば、全て体内で使われるのかというと、そういうわけではないようです。
一説には、摂り過ぎたアミノ酸は、脂肪の原因になるとも言われています。

また、体内に余ったアミノ酸を分解し体外へ排出する役目は、肝臓と腎臓が果たしていますが、多く摂りすぎることでかえって肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

肥後すっぽんもろみ酢についても同じことが言えます。
ご自分の健康面を考え、効果が実感できないので飲む量を増やす、といったことは控えた方が良いでしょう。

<アミノ酸を体内に蓄えるシステムがある!?>
人の身体には、アミノ酸がなくならないように体内に蓄えておくシステムがあるそうです。

体に取り入れたアミノ酸は、体内で神経伝達物質やホルモンに作り替えられます。
その時に使わなかったアミノ酸は、血液や細胞、筋肉などにあるアミノ酸の貯蔵庫に保管され、必要な時にいつでも取り出せるようになっています。

一定量を超えると余った分は、筋肉を作ったり脂肪燃焼のためには使われず、エネルギーとして使われたりするので、多く摂りすぎる必要はないようです。

また、1種類だけのアミノ酸を多くとるより、バランスよく取り入れた方が、アミノ酸を効率よく使うことができるそうですよ。

<食品アレルギーに気を付けて>
サプリメントを飲むときはつい主な成分にだけ目が行きがちですが、食品アレルギーのある方は、原材料を必ず確認するように気を付けましょう。

【使用されている原材料は?】
肥後すっぽんもろみ酢には一部原材料として、小麦、大豆、ゼラチンが含まれています。

また、主な原材料として、

大豆ペプチド、すっぽん末、すっぽんオイル、もろみ酢、米黒酢末、鎮江香酢濃縮末

などが使用されています。

何か違和感を感じた時は、すぐに飲むのをやめてお医者様に相談してください。

その他にも、風邪薬や治療薬を服用中の方は、肥後すっぽんもろみ酢を一緒に飲むことで、治療薬の効果が薄れてしまう可能性もあるので控えるようにしてください。

気になる方は、一度お医者様に相談されることをお勧めします。

<肥後すっぽんもろみ酢は1日1粒です!>
いかがでしょうか。

身体によいとされる成分が詰まったサプリメントも、摂りすぎると副作用が出たりすることもあります。

サプリメントを摂取する場合はご自分の健康を考えて、一度に大量に飲まないようにし、多めに飲むときはまとめて飲まず、小分けで飲むようにしてください。

肥後すっぽんもろみ酢の目安量は1日1粒です。
お薬とは違い、強い副作用はありませんが、アミノ酸が多く含まれていますので、目安量を超えないように気をつけてください。

体の健康やダイエットをサポートしてくれるサプリメントは、「焦らずに少しづつ」を心掛けてくださいね。